×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資情報館



日本の円安局面とは?

日本の円安局面とは?

日本の過去の円安局面には、すべて巨大な投機資金が動いているという共通点があります。

例えば、バブル経済がはじける直前の1990年、1ドル=160円になったときです。

この時期、日本の投資家は、国内の株や不動産、ゴルフ会員権などを買い漁り、その次には海外に投資先を求めました。

これによって、日本から海外に投機資金が流出し、急激に円安に進んだのです。

しかしながら、その後、バブルが崩壊し、今度は一気に円高へと向かいました。

また、1998年には、日本の低金利が長期にわたるであろうということに注目した欧米のヘッジファンドが為替市場で円売りの投機を仕掛けたときです。

このときは、ドル円は1ドル=150円付近まで円安になりました。

そして、この年、ロシア危機が起こり、その流れの中、10月の初めには、たった2日で20円も円高に進むという記録的な出来事が起こりました。

このときの相場は、それまで投機がつくり上げた相場が一気に崩壊した瞬間であったといわれています。


中央銀行の為替介入とは?
日本の為替介入のプロセスは?
日本が円高になりやすいとは?
為替介入の効果は?
「ザ・セイホ」とは?

日米欧の為替介入のスタンスは?
円売り介入と円買い介入
日本の円安局面とは?
機関投資家と個人投資家
生命保険会社の年金資金の運用は?

金利上昇と金利下降の要因
「売り」取引ができる

為替レート通知サービス
「指値+逆指値」のIFD

不動産学界
不動産取引紛争事例等調査研究委員会
分野調整

不動産取得税
不法行為
報酬の額の制限
不動産公正取引協議会
不燃材料
一般媒介契約
不動産の鑑定評価
弁済業務

Copyright (C) 2011 外貨投資情報館 All Rights Reserved