×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資情報館



日本が円高になりやすいとは?

日本が円高になりやすいとは?

日本には、年間十数兆円規模の貿易黒字があります。

これは、毎年毎年貿易で、十数兆円の円買いが市場に出てくるということです。

つまり、単純に考えれば、これを上回るほどの円売りの金額が出てこない限り、円高が進んでしまうということになります。

このように、円というのは、構造的に円高になりやすい体質なのです。

よって、民間から十分な円売りが出ないときは、政府がその分、円売り介入を行わないと相場が安定しない可能性が高くなってしまうのです。

ちなみに、過去の介入を見ても、円売り介入の方が圧倒的に多くなっています。

トレンドとは?

トレンドというのは、大きな相場の流れの方向、あるいは動向のことをいいます。

ちなみに、相場が上昇しているのであれば、「トレンドは上向き」、相場が加工しているのであれば、「トレンドは下向き」などといいます。


中央銀行の為替介入とは?
日本の為替介入のプロセスは?
日本が円高になりやすいとは?
為替介入の効果は?
「ザ・セイホ」とは?

日米欧の為替介入のスタンスは?
円売り介入と円買い介入
日本の円安局面とは?
機関投資家と個人投資家
生命保険会社の年金資金の運用は?

スワップ狙いの戦略の根拠
短期売買向けの通貨ペア

強制ロスカット
「指値+指値」のIFD

不動産学界
投信法
重要文化財の指定

不動産取得税
不当利得
包括遺贈
不動産公正取引協議会
履行遅延の禁止
一般事務受託会社
不動産特定共同事業法
壁面線

Copyright (C) 2011 外貨投資情報館 All Rights Reserved