×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資情報館



クリントン政権の為替政策は?

クリントン大統領の第一期は?

クリントン大統領の第一期は、日米貿易摩擦が盛り上がっていた時で、当時は日本の貿易黒字がクローズアップされていました。

そして、貿易不均衡は通貨の強さによって是正されるという見解が注目されていたこともあり、当時の米国は日本に対して、規制緩和によって内需拡大を行わなければ、円高に進めるつもりであるというプレッシャーをかけてきました。

そのため、1995年4月には1ドル=79円台まで円高ドル安が進みました。

ちなみに、このときの財務長官はベンツェン氏でしたが、彼は産業界出身だったこともあり、ドルを安くすることにより、米国の産業界にプラスになるような為替政策が取られました。

クリントン大統領の第二期は?

米国では、為替政策は財務長官に委ねられていますので、どういった人物が財務長官に就任するのかによっても、為替政策に特色が出てきます。

クリントン大統領の第二期の財務長官は、ロバート・ルービン氏でした。

ルービン氏はウォールストリート出身だったこともあり、強いドル政策を取りました。

ドルが強くなれば、ウォールストリートにお金が集まり、それにより、金利が低下して株価が上昇するので、最終的には景気がよくなるという考え方です。

実際、この為替政策により、1998年には1ドル=147年台にまで円安ドル高が進みました。


企業買収の為替取引
乗り遅れないという群集心理とは?
ヘッジファンドとマーケットの動き
レーガン政権の為替政策は?
日本と欧州の為替政策の違いは?

機関投資家と個人投資家
新聞報道と相場の反転
投機筋の仕掛けの材料は?
クリントン政権の為替政策は?
金利差による相場形成は?

ユーロの傾向
失業率と国際収支

指値注文のメリット・デメリット
注文の期限(デイオーダー・GTC)

土壌汚染対策法
都市計画審議会
任意法規と強行法規

都市計画法
二重価格表示
農地
土地信託の分譲事業
取引保証
遺贈
都市再生本部
2項道路

Copyright (C) 2011 外貨投資情報館 All Rights Reserved