×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資情報館



新聞報道と相場の反転

新聞報道と相場の反転

人というのは、ある現象がはっきりと形にあらわれないと、なかなか行動できません。

反対に、自分の知り合いが大儲けしたといったような、具体的な例を見せられたときや、視覚に訴えるようなものがあって初めて行動を起こす傾向が強いです。

一般大衆は、ここをプロに利用されてしまうのです。

例えば、経済新聞などの経済面というのは、その多くは、いま現在起きている現象を伝える記事です。

つまり、すでに起きてしまったことを報道しているに過ぎないのです。

なので、記事の中にあるコメントも「まだまだいまの状況が続く」といった方が受けがいいので、コメントの内容にもバイアスがかかりやすくなります。

よって、新聞で大きく報道されているときは要注意となります。

すでに相場の流れは終焉にまできていると考えておいた方がよく、細心の注意をもって相場に向かう必要があります。


企業買収の為替取引
乗り遅れないという群集心理とは?
ヘッジファンドとマーケットの動き
レーガン政権の為替政策は?
日本と欧州の為替政策の違いは?

機関投資家と個人投資家
新聞報道と相場の反転
投機筋の仕掛けの材料は?
クリントン政権の為替政策は?
金利差による相場形成は?

リスクコントロール
ファンダメンタルズ分析

携帯電話・コールセンターの取引
テクニカル分析手法

特定用途制限地域
土地利用基本計画
二世帯住宅

都市計画事業
取消し
根抵当
都市再開発方針
取引事例・成約事例
遺産分割
都市再生事業
民法上の仲立

Copyright (C) 2011 外貨投資情報館 All Rights Reserved