×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資情報館



投機筋の仕掛けの材料は?

投機筋の仕掛けの材料は?

投機筋の仕掛けの材料には、金利差や米国の為替政策などがあります。

しかし、金利差は過去においては、かなり短命に終わっているので、金利差によって大きなトレンドをつくるというのは困難なようです。

一方、米国の為替政策は、最大の材料となっているようです。

それは何と言っても、為替市場において、米ドルは世界の基軸通貨だからといえます。

原油の取引もゴールドも、ドル建て表示なように、米ドルは、世界中で高い信頼性を得ています。

よって、外国為替市場の取引に参加している投資家の多くが、米ドルの動向、またそれを左右する米国の為替政策の行方に注目しているのです。

カーターショック時の為替政策は?

1978年のカーターショックのとき、米国の貿易収支は大幅な赤字が進んでいました。

さらにそれだけでなく、インフレ率も大きかったので、1米ドル=230円台から175円台にまで急落していました。

これに対応するため、カーター大統領は、為替介入策や金利引き上げ策を盛り込んだドル防衛策を発表しました。

これにより、米ドルは暴騰し、それ以降は、大きな上昇トレンドに入ったのです。


企業買収の為替取引
乗り遅れないという群集心理とは?
ヘッジファンドとマーケットの動き
レーガン政権の為替政策は?
日本と欧州の為替政策の違いは?

機関投資家と個人投資家
新聞報道と相場の反転
投機筋の仕掛けの材料は?
クリントン政権の為替政策は?
金利差による相場形成は?

FXにおける通貨の組み合わせ
政策金利と経済成長率

オファー・ビッド・2WAYプライス
信用取引と追加証拠金

匿名組合出資持分
土地利用審査会
任意組合型

都市計画税
取引条件の有効期限
農業委員会
都市緑地保全法
取引事例比較法
意思表示
都市再生特別地区
NCREIFインデックス

Copyright (C) 2011 外貨投資情報館 All Rights Reserved