×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資情報館



機関投資家と個人投資家

機関投資家と個人投資家

投資家や投機家というのは、世界中の市場をいつも監視していて、どこに投資したら最も儲かるのかを虎視眈々と狙っています。

この場合の投資家というのは、機関投資家と個人投資家に分けられます。

機関投資家というのは、人のお金を預って運用するプロの集団のことをいいますが、一方、個人投資家というのは、自分のお金の運用を人に任せないで、あくまでも自分で運用する人のことをいいます。

相場形成の流れは?

為替相場というのは、次のような流れから形成されていきます。

初期
⇒ この時点では、本当に一部のプロの投資家が、独自の分析や一部の秘密情報などに基づいてポジションを仕込みます。

この時点では、仕込んだ方向に相場が大きくことはなく、どちからといえば静かな展開となります。

本格期
⇒ これからマーケットで起ころうとしている現象に、次第にプロの機関投資家や一部の個人投資家が気づき、実際に投資行動を取り始めます。

この時期になると、相場が本格的に動き始めまトレンドが形成されていきます。

末期
⇒ この時期は出遅れた機関投資家や、多くの個人投資家、つまり一般大衆が動き出します。

この時点では、初期にポジションをつくったプロは、反対に利益確定の動きを見せ始めます。

そのため、売りと買いがぶつかり合い、最初は高値圏や安値圏で激しい乱高下が繰り返されます。

その後、本格期から参加していた投資家が利益確定のための手仕舞いを開始すると、トレンドは完全に崩れ、相場は本格的に反転していきます。

そして、この動きに取り残された一般大衆が、ようやく損切りを始めると、反転が終了するという現象が起こります。


企業買収の為替取引
乗り遅れないという群集心理とは?
ヘッジファンドとマーケットの動き
レーガン政権の為替政策は?
日本と欧州の為替政策の違いは?

機関投資家と個人投資家
新聞報道と相場の反転
投機筋の仕掛けの材料は?
クリントン政権の為替政策は?
金利差による相場形成は?

レバレッジ効果のリスク
IFD注文・OCO注文

証拠金の入金方法
余裕資金で投資する

特定目的信託
土地取引の事前届出
難燃材料の認定

都市計画
徒歩所要時間の表示
任意後見契約制度
都市再開発法
取引一任代理等に係る特例
移行地
都市再生基本方針
取引態様の明示

Copyright (C) 2011 外貨投資情報館 All Rights Reserved