×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資情報館



直接投資と間接投資の相場への影響は?

直接投資と間接投資の相場への影響は?

資本取引のなかでも直接投資というのは、貿易取引と似たような性格をもっています。

これは、工場を設立するための投資や、国境を越えた企業買収のための投資などは、基本的に長期的な視野に立った投資になるためです。

よって、直接投資というのは、短期的に相場を大きく動かす要因にはなりません。

一方、間接投資というのは、例えば、3か月とか1年というように、比較的短期間の投資になることが多いので、買ったものについては、近い将来に売りとなって市場に出てきます。

よって、最終的には元に戻るのですが、一時的には相場を大きく動かす要因となります。

直接投資が相場を動かす場合は?

直接投資も場合によっては、相場を大きく動かす要因となることがあります。

例えば、一時的に大きな金額で企業買収が行われるケースなどです。

こういうのはある種のファッションのようなものでもあるのですが、一定期間に大勢の投資家が同様の動きをすると、市場には大きな影響を与えることになります。


東京市場の値動きは?
投機と実需
貿易取引(実需)の短期的な相場への影響?
投資と投機の違いは?
証券投資と円高・円安

トレンドが発生しているかの判断は?
貿易取引(実需)の為替取引は?
貿易取引(実需)が注目されるのは?
直接投資と間接投資
直接投資と間接投資の相場への影響は?

投資スタンス
FXの注文方法

FX会社選択後の手順
デイトレーディングのメリット

賃借人の地役権設定
賃料の評価
手付金等の保全

地方住宅供給公社
定期建物賃貸借
手付金等の保全
中古住宅ローン
提携ローン
イーピーエス
忠実義務
出口戦略

Copyright (C) 2011 外貨投資情報館 All Rights Reserved