×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資情報館



貿易取引(実需)の為替取引は?

貿易取引(実需)の為替取引は?

貿易取引の場合は、毎年の輸出量や輸入量そのものが大きく変動することはないので、それに伴う為替取引というのは比較的安定しています。

例えば、自動車の輸出台数が突然半分になったり、原油の輸入量が昨年比で2倍になったりということは、あまり考えられませんので、貿易取引に関わる部分の為替取引というのは、ある程度予想できるといえます。

原油の輸入と円安

日本が海外から原油などを輸入する際には、円をドルなどの外貨に替えて原油の買い付けを行います。

つまり、円売りドル買いが行われるので、これは円安要因となります。

工業製品の輸出は?

例えば、トヨタ自動車が米国市場に自動車を輸出したとすると、この貿易取引によって、トヨタ自動車はドルで代金を受け取りますが、日本国内で働いている従業員や、下請企業への支払いをするには、円が必要になります。

よって、トヨタ自動車は輸出によって得たドルを円に交換します。

つまり、ドル売り円買いが行われるので、これは円高要因となります。


東京市場の値動きは?
投機と実需
貿易取引(実需)の短期的な相場への影響?
投資と投機の違いは?
証券投資と円高・円安

トレンドが発生しているかの判断は?
貿易取引(実需)の為替取引は?
貿易取引(実需)が注目されるのは?
直接投資と間接投資
直接投資と間接投資の相場への影響は?

通貨の信用リスク
許容スリップ

差金決済と追証
自己資本規制比率の余裕と会社の信頼性

短期賃貸借
長期プライムレート
序盤

担保物権中心的効力
土塗壁同等構造
鉄筋の露出
地籍
帳簿の保存
青地、赤地、白地
地方公共団体融資
DSCR

Copyright (C) 2011 外貨投資情報館 All Rights Reserved