×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資情報館



貿易取引(実需)の短期的な相場への影響は?

貿易取引(実需)の短期的な相場への影響は?

貿易取引については、多少の変動はありますが、それほど大きくブレることはありません。

日本の経常収支ですと、およそ毎年13兆円前後の経常収支の黒字がありますが、その年により1〜2兆円程度の変動があるという感じです。

つまり、貿易収支というのは、短期的には相場を大きく動かすだけの材料にはなり得ないということがえいます。

ただし、これは、経常収支の黒字部分のみを見ると、日本という国は常に円高リスクを持っているともいえます。

毎年、13兆円ものドルが売られ、円が買われているわけですから、短期的には相場を動かす要因とならないとはいえ、長期的に見れば、ボディーブローのように効いてくるとも考えられます。

ちなみに、長い目で見れば、貿易収支の黒字も為替相場に影響を与えることもあるかもしれませんが、実際に、それほど長期で為替相場を見ている市場参加者はいないと思われます。

多くの市場参加者は、2〜3か月先の相場がどうなるのかということを頭において取引しているからです。

よって、まず注目されるのは、資本の動きがどうなるのかということだといえます。


東京市場の値動きは?
投機と実需
貿易取引(実需)の短期的な相場への影響?
投資と投機の違いは?
証券投資と円高・円安

トレンドが発生しているかの判断は?
貿易取引(実需)の為替取引は?
貿易取引(実需)が注目されるのは?
直接投資と間接投資
直接投資と間接投資の相場への影響は?

信用リスク
FX会社が倒産

FXの取引通貨
FX会社への資料請求方法

短期賃貸借の効力
聴聞
手付

地域地区
積立式宅地建物販売業
手付の額の制限
拠点都市整備法
直接還元法
赤道
地方公共団体融資
提携ローン付販売

Copyright (C) 2011 外貨投資情報館 All Rights Reserved