×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資情報館



東京市場の値動きは?

東京市場の値動きは?

以前と比較して、最近の東京市場は他の市場よりも静かな値動きであると言われています。

ロンドン市場と取引が重なる午後3時頃からは動きが出てきますが、それ以外は基本的には閑散としていることも多いです。

また、たまに東京時間の早朝から相場が大きく動くこともありますが、その後のトレンドを作っていくような動きとはならないことが多いです。

具体的には?

例えば、東京時間の早朝に突然円高ドル安が加速したとしても、その後、市場がロンドンやニューヨークに移っていくと反応が鈍くなり、結局元のレートに戻ってしまうということもよくあるからです。

とくにこのような動きが月曜日の朝見られる場合には、注意したいところです。

といいますのは、投機筋が損切りの注文を成立させるために仕掛けている場合が多く、その後のロンドン市場やニューヨーク市場では、再び投機筋が反対売買を行うことで、相場が元に戻ってしまうことがあるからです。

よって、為替相場が東京時間の早朝に大きく動いたとしても、それはダマシの可能性が高いといえます。


東京市場の値動きは?
投機と実需
貿易取引(実需)の短期的な相場への影響?
投資と投機の違いは?
証券投資と円高・円安

トレンドが発生しているかの判断は?
貿易取引(実需)の為替取引は?
貿易取引(実需)が注目されるのは?
直接投資と間接投資
直接投資と間接投資の相場への影響は?

外貨定期預金の利息とFXのスワップポイント
最高レバレッジ

日本の政策金利
ハイリスク・ハイリターン

宅地建物取引主任者
中間省略登記
DCF法

他人の権利の売買
通行地役権
データベース
地価税
中間法人制度
IPDインデックス
築年数
継手

Copyright (C) 2011 外貨投資情報館 All Rights Reserved