×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資情報館



トレンドが発生しているかの判断は?

トレンドが発生しているかの判断は?

東京市場と、ロンドン市場、ニューヨーク市場の動きというのは、まったく異なることが多いので注意が必要です。

政治でも経済でも、為替相場に影響を与えそうな材料が出たときは、その材料が為替相場にどのように影響するのかということを見極めるためにも、その瞬間の動きで判断することは避けたいところです。

つまり、ある材料に対する判断というのは、世界を1周してから行うようにし、世界を2周しても同じ流れとなっていたら、その流れはホンモノ、すなわちトレンドが発生している確率が高いと考えた方がいいです。

五十日(ごとおび)とは?

五十日(ごとおび)というのは、毎月の5日、10日、15日、20日、25日、月末を指す言葉です。

ちなみに、この日程が、5(ご)や10(とお)で割り切れることから、「ごとおび」と呼ばれています。

また、一般の企業では、これら「ごとおび」を支払日とすることが多く、同じように輸出企業や輸入企業でも支払いが集中し、為替取引を行うことが多いです。

よって、為替相場では、この「ごとおび」における相場の動向が注目されます。


東京市場の値動きは?
投機と実需
貿易取引(実需)の短期的な相場への影響?
投資と投機の違いは?
証券投資と円高・円安

トレンドが発生しているかの判断は?
貿易取引(実需)の為替取引は?
貿易取引(実需)が注目されるのは?
直接投資と間接投資
直接投資と間接投資の相場への影響は?

日割り
FX会社のスワップポイント

中央銀行が行うオペレーション
取引環境とカバー先金融機関

宅地建物取引主任者
中高層共同住宅標準管理規約
抵当権

団体信用生命保険
通行地役権の取得
滌除(てきじょ)
地区計画
中間法人の種類
アウトサイダー
築年数の調査
仕口

Copyright (C) 2011 外貨投資情報館 All Rights Reserved