×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資情報館



直接投資と間接投資

直接投資とは?

直接投資というのは、不動産購入や企業買収など、直接、物を売買することに関わる取引のことをいいます。

例えば、外資系ファンドが日本企業を買う場合には、手持ちのドルを円に替えて、日本の売主に支払いをします。

よって、外資系ファンドによる日本企業の買収が活発になると、外国為替市場では円買いが増えるので、円高に向かいやすくなります。

間接投資とは?

間接投資というのは、基本的には金融商品への投資のことです。

例えば、外貨による預金や、海外の株や債券の売買などが該当します。

ちなみに、株や債券などの有価証券を売買することを証券投資といい、次のような対外証券投資と体内証券投資があります。

対外証券投資
⇒ 日本の投資家が海外市場の有価証券投資を行う場合を「対外証券投資」といいます。

対内証券投資
⇒ 外国人投資家が日本の株式や債券を売買することを「対内証券投資」といいます。


東京市場の値動きは?
投機と実需
貿易取引(実需)の短期的な相場への影響?
投資と投機の違いは?
証券投資と円高・円安

トレンドが発生しているかの判断は?
貿易取引(実需)の為替取引は?
貿易取引(実需)が注目されるのは?
直接投資と間接投資
直接投資と間接投資の相場への影響は?

FXの自由度
FX取引を始めるには

分散投資とリスク管理
FX口座開設手続きの流れ

地域整備方針
賃借権
手付金等寄託契約約款

地上権
定期借地権
デメリット表示
仲介
賃料
入会権
嫡出でない子
ディベロッパー

Copyright (C) 2011 外貨投資情報館 All Rights Reserved