×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資情報館



証券投資と円高・円安

証券投資と円高・円安

対外証券投資の金額が対内証券投資の金額を上回っている場合は、円を売って外貨を買う動きの方が大きくなりますので、円安要因になります。

反対に、対内証券投資の金額が対外証券投資の金額を上回っている場合は、外貨を売って円を買う動きの方が大きくなりますので、円高要因になります。

ちなみに、対外証券投資と対内証券投資の金額は、それぞれ公表されています。

そして、ヘッジファンド、機関投資家、個人投資家などが行う投資や投機の多くは、株式や債券などの金融商品の売買を通じて行われます。

ただし、このような投資行動というのは、現地通貨の借入れによって行われたり、為替リスクを100%ヘッジして投資する場合もあるので、数字をそのまま鵜呑みにしないようにしたいところです。

為替介入の流れは?

当局による為替介入も資本取引のひとつです。

例えば、日本の財務省ですと、ドル買い介入をした場合は、買ったドルは銀行に預金として預けられたり、アメリカの債券を購入して、それらが外貨準備としてストックされています。

また、反対に円安を食い止めるためにドル売り介入を行う場合は、その外貨準備の一部を取り崩して、外国為替市場で売るための外貨を確保するという流れになります。


東京市場の値動きは?
投機と実需
貿易取引(実需)の短期的な相場への影響?
投資と投機の違いは?
証券投資と円高・円安

トレンドが発生しているかの判断は?
貿易取引(実需)の為替取引は?
貿易取引(実需)が注目されるのは?
直接投資と間接投資
直接投資と間接投資の相場への影響は?

短期売買と長期投資
口座開設の申し込みから実際の取引まで

インターネットでの口座開設方法
デイトレ

地役権
賃貸借
手付金等の保全措置

増減額請求手続き
定期建物賃貸借
不動産パンフレット
仲介の法的性格
追認
入母屋屋根
虫害
適合性の原則

Copyright (C) 2011 外貨投資情報館 All Rights Reserved