×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資情報館



政治ニュースと為替変動

政治ニュースと為替変動

一般的に、日本人は、政治関連のニュースにはあまり反応しませんが、アメリカ人は政治関連のニュースに異常に反応します。

ヨーロッパ人は日本人とアメリカ人の中間くらいといったところです。

例えば、東京時間に、円安材料になるような日本の政治関係のニュースが報道されたとしても、日本人は政治に対しての関心が薄いので、あまり目立った反応は見られなかったりします。

そして、その後、その日のニューヨーク市場に取引の中心が移ってから、大きく円安になったりすることがあります。

反対に、ニューヨーク市場でニュースが出た場合には、全く異なった展開になることがあります。

例えば、円安材料となる政治関係のニュースが出た場合、ニューヨーク市場ではすぐに反応して円安に進みますが、その流れを受けた東京市場では、日本人はほとんど反応しないというようなケースです。

このケースの場合は、日本人の反応を見てがっかりした米国のヘッジファンドが、失意のまま円を買い戻すために、円高に進むということもあります。

つまり、たとえ材料は同じでも、国民性によって、反応が異なるということが言えるのです。


為替差益とは?
米国企業の決算とドル高
上半期の相場の季節要因は?
為替相場の1日の値動きは?
日本時間の午後〜深夜の値動きは?

日本と欧米の企業の動向は?
相場に変化がある時期は?
下半期の相場の季節要因は?
日本時間の明け方〜午前中の値動きは?
政治ニュースと為替変動

FXのスワップポイントの収益
通貨ペアの豊富なFX会社

政策金利
取引単位・スワップポイント

消費税の免税の特例
吸い込み
ゼネラル・パートナーシップ

信義誠実の原則
制震構造
素地
信用保証会社
設計図書
IPO
信用補完
センターコア

Copyright (C) 2011 外貨投資情報館 All Rights Reserved