×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資情報館



日本と欧米の企業の動向は?

日本と欧米の企業の決算期は?

日本と海外と比較すると、企業の決算時期や各国の休日が異なります。

日本の多くの企業では、4月から翌年3月までが1年という決算期間を採用しています。

一方、欧米の企業は、12月決算が多く、1月から12月までを1年としています。また、最近は11月を決算期としている企業も増加しています。

さらに、日本では半期決算が多いですが、欧米では、多くの企業が四半期決算を採用しています。

よって、日本の企業が決算に向けて為替取引をするのは、多くても年2回ということになりますが、欧米では年4回あるということになります。

日本と欧米の決算期とポジションの関係は?

機関投資家は、決算に向かってポジションを縮小することが多いので、相場も決算手前の時期は、それまでの動きと反対の動きとなることがあります。

具体的には、3月、6月、9月、12月のそれぞれの上旬から中旬がこうした時期に該当します。

特に、年度の最終月である12月が重要になります。

反対に、期の初めにあたる1月、4月、7月、10月になると、新規のポジションを積極的につくり始めるため、日本では正月休みですが、海外では大きく相場が動くことになります。


為替差益とは?
米国企業の決算とドル高
上半期の相場の季節要因は?
為替相場の1日の値動きは?
日本時間の午後〜深夜の値動きは?

日本と欧米の企業の動向は?
相場に変化がある時期は?
下半期の相場の季節要因は?
日本時間の明け方〜午前中の値動きは?
政治ニュースと為替変動

FXの収益
為替市場と株式市場の関係

OCOの決済注文
FXは外貨預金より取引手数料が安い

承諾料
離婚の場合の親権
契約無効の報酬

譲渡担保の債務完済
新住宅市街地開発
セットバック
手形小切手
不動産取引
RMBS
所属団体名の表示
清算金

Copyright (C) 2011 外貨投資情報館 All Rights Reserved