×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資情報館



相場に変化がある時期は?

相場に変化がある時期は?

相場に大きな変化が現れるのは、次のような理由から、1年のうちでは12月から翌年の2月のあいだが多いようです。

12月初旬はポジション調整が行われるため、マーケットが閑散とした状態になります。

そのような中で、静かにゆっくりとトレンドができ始め、1月に入りマーケットにビッグプレイヤーが戻ってくると一気にブレイクして、その後1〜2か月にわたり大相場が続くというのがその理由のようです。

欧州のイースター際の相場展開は?

欧州では春先にイースター際で数日間の休みがあります。

この間でも米国市場は開いているのですが、アメリカ人もあまり取引をしたがらないようです。

なので、通常は静かな相場展開となります。

旧正月の相場展開は?

中国系の国では、旧正月が非常に重要です。

なので、旧正月の間は、シンガポールや香港のマーケットが休場になります。

これにより、東京時間で市場が閑散とするという傾向があることは、頭に置いておきたいところです。


為替差益とは?
米国企業の決算とドル高
上半期の相場の季節要因は?
為替相場の1日の値動きは?
日本時間の午後〜深夜の値動きは?

日本と欧米の企業の動向は?
相場に変化がある時期は?
下半期の相場の季節要因は?
日本時間の明け方〜午前中の値動きは?
政治ニュースと為替変動

FXのコスト
為替市場と債券市場の関係

IFO注文の使い方
取引手数料とスプレッド

譲渡所得の収入時期
真正売買性判断基準
不動産鑑定評価基準

消費生活センター
水平投影面積
総合課税と分離課税
真壁
ステップ償還・ゆとり
RTC
所有権の取得
成年後見制度

Copyright (C) 2011 外貨投資情報館 All Rights Reserved