×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資情報館



FXのシステムリスクとは?

FXのシステムリスクとは?

FXは基本的にはネット取引※です。

なので、コンピュータのシステムリスクというのが常につきまといます。

例えば、為替が急激に変動した場合には、ある種のパニック状態になりますので、みんなが取引画面を開こうとします。

すると、この負荷に耐えきれなくなり、コンピュータのサーバーに支障が出たりして、取引画面にログインできないこともあります。

こうした際でも、きちんとストップオーダー(逆指値注文 or 損切り注文)を入れてあれば、特に問題はないのですが、ストップオーダーを入れていない場合は大変なことになってしまいます。

FXは24時間取引ですから、損失は加速度的に膨らんでいき、ログインできた時には、想定していないほどの損失が出ていたり、あるいは、すでに強制決済になっていたりする可能性もあるのです。

FXにはこうしたリスクがありますので、ストップオーダーは必ず入れておきたいところです。

また、ある程度資金が増えてきたら、その都度出金しておくことも大切です。

※トラブル時には、ほとんとの業者が電話対応しています。


RSIとストキャスティクスの見方
ポンド/円とユーロ/円の特徴は?
米ドル/円とカナダドル/円の特徴は?
損切りの目安は?
FXのシステムリスクとは?

オシレーター系(逆張り系)とは?
豪ドル/円とNZドル/円の特徴は?
リスク管理と損切り
損切りの基準は?
分別管理と資金移動

片道とトレーディング
価格変動リスク・金利変動リスク

移動平均線
証拠金
ローン 自治体融資 相続時精算課税 上限金利設定型
買い換え 中央労働金庫 借り換え 不動産取得税
3,000万円特別控除 引越し アメニティ  

Copyright (C) 2011 外貨投資情報館 All Rights Reserved