×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資情報館



リスク管理と損切り

損切りとは何ですか?

損切りというのは、損失が膨らまないように、早めに損を確定させる(決済する)ことをいいます。

1円為替レートが不利に動くと、1,000ドル取引の場合には1,000円の損失が生じます。

また、10円為替レートが不利に動くと、これが1万円の損失になります。

さらに、1万ドル取引の場合には、これの10倍の損失になります。

なので、1,000ドル取引の場合には、あまり損切りすることは考えなくてもよいかもしれませんが、1万ドル取引になると損失も大きくなる可能性がありますので、損切りしたほうがよい場合もあります。

リスク管理で重要なのは何ですか?

リスク管理で重要なのは、次の3つの要素だと思われます。

■損切り
■レバレッジ
■取引量

なので自分の取れるリスクを考えて、余裕を持った取引をする必要があります。

つまり、最悪のシミュレーションを想定してからトレードするようにすればよいということです。

なお、儲けることを考えなくても、少しの失敗でしたら簡単に取り返せますので、大きく損をすることを防ぐことを考えるだけでも、資金は増えていきます。


RSIとストキャスティクスの見方
ポンド/円とユーロ/円の特徴は?
米ドル/円とカナダドル/円の特徴は?
損切りの目安は?
FXのシステムリスクとは?

オシレーター系(逆張り系)とは?
豪ドル/円とNZドル/円の特徴は?
リスク管理と損切り
損切りの基準は?
分別管理と資金移動

チャートとロイター
FXで必要経費

レジスタンスライン・サポートライン
スワップポイントを支払う場合
割賦 住宅ローン控除 相続時精算課税 財形住宅融資
所得補償保険 保証料 延滞損害金 住宅ローン控除
譲渡損失 修繕積立金 アパートローン  

Copyright (C) 2011 外貨投資情報館 All Rights Reserved