×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資情報館



米ドル/円とカナダドル/円の特徴は?

米ドル/円はどのような特徴がありますか?

米ドル/円というのは、どちらかというと、ポンド/円やユーロ/円などのように、数週間ごとにきれいに上下動を繰り返すよりも、むしろ、何らかの原因で円高になったり、円安になったりしやすいです。

米ドル/円は、情報量の多さでは圧倒的ですし、世界の基軸通貨という意味では安心感のある通貨ですが、トレンドが発生しにくい通貨でもあります。

なので、儲けることを考えますと、少々難しい通貨といえるかもしれません。

とはいっても、米ドル/円を取引しないからといって、ドル/円の動きを見ないというのは危険です。

これは、世界中のすべての通貨が、基軸通貨であるドルを中心に取引されているからです。

よって、たとえドル/円を取引しなくても、必ずドル/円の動きやアメリカの政策や景気については、注意していく必要があります。

カナダドル/円はどのような特徴がありますか?

カナダドル/円は米ドル/円の動きに連動することが多く、よくわからない動きをすることがあります。

カナダ/円単独の理由によって、カナダドル/円だけが下落することもありますが、地理的に米ドル/円の微妙な影響も受けやすいので、予測がしにくいという側面もあります。

とはいえ、カナダドル/円は、動きはそれほど激しくありませんので、リスクは低めです。

ちなみに、カナダは資源国でもあるので、豪ドル/円やNZドル/円と似たような動きもします。

なお、カナダは産油国でもあり、特に大きな問題がないときであれば、急激に暴落するということもないと思われます。


RSIとストキャスティクスの見方
ポンド/円とユーロ/円の特徴は?
米ドル/円とカナダドル/円の特徴は?
損切りの目安は?
FXのシステムリスクとは?

オシレーター系(逆張り系)とは?
豪ドル/円とNZドル/円の特徴は?
リスク管理と損切り
損切りの基準は?
分別管理と資金移動

新規注文と決済注文
FXは総合課税

トレンド・トレンドライン
スワップポイント
住宅ローン 住宅ローン控除 相続時精算課税制度 必要書類
所得補償保険 保証会社 フラット35 登録免許税
買い換え 重要事項説明書 アトリウム  

Copyright (C) 2011 外貨投資情報館 All Rights Reserved