×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資情報館



日本の季節要因と為替相場の変動

日本の季節要因が為替相場に与える影響は?

日本の季節要因が為替相場に与える影響としては、次のようなことが考えられます。

ゴールデンウィーク・夏・年末
⇒ ゴールデンウィークやお盆休み、年末年始には、海外旅行に出かける人が急増しますので、円を外貨に替えるという需要があります。

具体的には、現金をもっていく場合は旅行前に、カードを使う場合であれば旅行後に、それぞれ円を売って外貨を買うという動きが活発に行われます。

つまり、こうした旅行のハイシーズンの前後には、円安になりやすいということになります。

ボーナスシーズン
⇒ 一般的に6月と12月は、日本のボーナスシーズンにあたります。この時期金融機関が一斉に金融商品のキャンペーンを行うことから、金融商品にお金が集まりやすくなります。

最近は、外貨預金などの外貨建て金融商品のキャンペーンも増えていますので、まとまった円売り・ドル買いがでることがあります。

よって、この時期は、円安に進みやすいということになります。

企業の決算シーズン
⇒ 日本企業の多くは、3月が本決算、9月に中間決算が行われます。

これにあわせて投資活動も行われることが多いです。

例えば、4月や10月は、新規の投資資金を用いた投資が行われますが、このうちのいくらかは海外投資へと向かいますので、円売りドル買いが生じます。

反対に、3月や9月は決算期末なので、その期の投資活動で得た利益を確定させるために、海外に投資している分をいったん清算して、国内に戻す動きが出やすくなります。

つまり、この時期は、ドル売り・円買いの動きがでるので、円安要因になります。


オプションを組み合わせた取引とは?
eワラントとは?
海外のFX会社は?
初心者のFX会社選びは?
日本の季節要因と為替相場の変動

先物取引とオプション取引とは?
eワラントのコールとプットとは?
FX会社選択のポイントは?
証券会社とFX会社選択の違いは?
輸出入業者の為替予約

FXの人気
為替手数料

IFD注文
FXの自動売買

JAの住宅ローン
譲渡損失
住宅付置義務

フラット35−S
資産流動化型
住宅ローン返済額
金利の決定方法
事前協議
囲繞地通行権
住み換えローン
指定確認検査機関

Copyright (C) 2011 外貨投資情報館 All Rights Reserved